2011年09月

              
        

姉子の浜は九州でも珍しい鳴き砂海岸 とGROWWELL CAFE グローウェルカフェ

category - 福岡 景色風景観光
2011/ 09/ 30
                 


DSC03788bbx









九州の佐賀県や福岡県の玄界灘に面した岸は

白い粒子の粒が小さい砂を持ったきれいな浜辺が多い。

今日はその中から福岡県糸島の岸線をドライブしました。



DSC03693b.jpg



鳴き砂」のことを外国では"singing sandとか"musical sand"呼んでいるそうです。

そんな鳴き砂ビーチに訪れてみました。

やっぱり環境と関係がある話なのかな

昔はきれいな白浜などではこのキュキュッ!という音を立てて鳴る砂浜は

けっこう多かったと思う・・・

DSC03703b.jpg



九州でも今では数えるくらいしか残ってないこの鳴き砂の現象を

体験できる浜辺はもう少ないと思う。

不純物の少ない石英成分の砂が互いに擦れあって出すこの音は

ごみや不純物が混じると音がしなくなる。

「いつまでもこの音を出す事が出来るように、きれいな環境を保って欲しいって」

囁いてる様にとれるこの音

歩くたびにキュッ キュュ!て切ないような音をたてる。

そんな浜辺は佐賀県と福岡県の玄界灘に面した「姉子の浜岸」

DSC03692b.jpg













お腹がすいてきたのでランチと言う事で

あらかじめ下調べしていた店を

探し、以外や畑の中にそのレストランは建っていた。


サツマイモを餌として育てた「日向おさつポーク」という名前の

豚肉を提供する店です。

(100%南九州産サツマ芋を使った自社配合飼料)との事


グローウェルカフェは日当たりのいい全面ガラス張りの

オープンダイニングカフェ、しゃれた作りのお店でした。

DSC03717.jpg





写真の料理はその豚肉を使った塩としょうがの2品です。

DSC03733.jpg


DSC03724.jpg


DSC03726.jpg













おなかも満たされて次の岸へ

岸道路を走っていると太陽の照り返しで

水色のに光がキラキラと、とっても美しいビーチ

遭遇した。

このビーチは野北海水浴場から続く

DSC03744.jpg

幣の浜(にぎの浜)海岸, 福岡県志摩町にあり、かなりの広さがある。

DSC03827b.jpg

どこまでも続く粒の細かい砂と美しい海

軽やかな潮騒と時おり鳴くかもめの声が素敵なBGMです。

DSC03782bb

広大な砂浜ダイナミックな白浜はまた、訪れたいビーチとなりました。
 

DSC03754b.jpg

今の時期の浜辺は人も少なくとってもリフレッシュ出来る。

あなたも海へ行きませんか!?




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 






今週の1枚
augdfmanianffqvk_m.jpg

                         
                                  
        

唐戸市場とカモンワーフ山口県下関市

category - 山口 景色風景観光
2011/ 09/ 23
                 

DSC02468b.jpg
対岸に見える門司港レトロ


前回、北九州の門司レトロに行った時に見えた対岸の下関の

風景を気になりながら帰路に着いた。



DSC02466b.jpg


そんな訳で今回はその対岸の有名な下関市場あたりに遊びに行ってきた。

休日ではあったけどその車の多さ、人の多さには

びっくりしました。

大混雑の、活気あるカモンワーフ一帯でした。



カモンワーフとは

唐戸市場と海響館の間にあり、下関の名物がそろうシーサイドスポット

船が行き交う関門海峡を目前に望む観光地化している複合施設です。

DSC02476.jpg

立派なシーサイドデッキ

この船着場から対岸の門司港レトロにも舟便が出ています。

DSC02477.jpg

茶色い円形の建物は下関水族館海響館




DSC02479.jpg

こちら側が下関の海の台所としてあの有名な唐戸市場です。


唐戸市場は、新鮮なネタの寿司にぎりや喫茶そして食堂も備えていました。

どの店も混雑していました。

一般の人も買い物を楽しむことができる卸売市場。

実際のセリの様子も見学できます。

残念ながら休業日と重なり活気ある市場で働く人たちは

見ることは出来なかったけど。

2階の食堂街は営業していました。

DSC02483.jpg


DSC02488.jpg


唐戸市場カモンワーフも海鮮グルメにはたまらない場所だと思います。

下関土産やおいしいふくの練り物

名物のふく料理や新鮮なネタを使った海鮮丼、ふぐバーガー

「笑っていいとも!」タモリさんが紹介したという

小野茶ソフトクリームなんかもあり

いろいろ見て食べておなかも満たされる場所でした。



カモンワーフのある前の山陽道国道9号線を挟んで

亀山八幡宮神社(関門海峡鎮護の神社として)があります。

DSC02470 -1




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 





今週の1枚
sanbashis.jpg

                         
                                  
        

大和ミュージアム 呉市海事歴史科学館

category - 広島 景色風景観光
2011/ 09/ 16
                 

ここでは映画 「男たちの大和 」ロケがあった場所で有名ですね。

movie_yamato_loca_p01.jpg
映画「男たちの大和」より(ネットからの拾い物画像使用)


尾道市向島【日立造船 向島工場】 というところにあった

実物大総工費6億円の巨大セットは映画撮影終了後も公開されていて

●全長約190m(船首部分~)
●幅約40m
●高さ約15m
●46cm主砲(第2主砲のみ)
●副砲
●高角砲
●大和坂とも呼ばれる板葺きの甲板など。
●制作費: 制作費約6億円


100万者人が訪れたそうですが今は解体されています。

見たかったなーと言う事で今回の場所へ。

img005.jpg
解体前の「大和甲板」(ネットからの拾い物画像使用)



●ロケが行はれた場所をカチンコが表示

movie_yamato_loca_map.gif



くじら館に隣接した場所にこの大和ミュジアムがあるので

どちらかに立ち寄る時は一緒に見て回るといいと思う、このミュージアムは

呉市海事歴史科学館といい明治以降の日本の近代化の歴史、その近代化の基礎となった

造船、製鋼を始めとした各種の「科学技術」紹介とともに

帝国海軍、各種艦艇・航空機や、それらに関連した科学技術の紹介など

太平洋戦争終結までの海事歴史を扱った歴史博物館となっています。

中でもこの目玉とも言える戦艦大和の縮小モデルは圧巻です。

オープン以来(平成17年4月23日)すでに約半年で入場者数が100万人を超え

たといわれる

このような博物館としては大盛況の博物館と言えるのも「大和」効果でしょうか。


DSC02626 -1
正門入り口


DSC02623 -1
正門横の巨大なオブジェ




約半年で入場者数が100万人を超えたという、目玉的存在の

戦艦大和」を中心とした展示目を引く。

この人気の「戦艦大和」は10分の1スケールで作られていて

縮小とはいえ、忠実な戦艦は迫力があります。

DSC02628 -1


DSC02629 -1
まるで海の要塞といった感じの重装備戦艦ですね
あっけなく沈んでしまい尊い命がここでも奪われた歴史がありました。


DSC02633 -1
戦艦金剛型の蒸気ボイラー実大部分模型


DSC02637 -1
戦表年鑑展示



DSC02656 -1
第二次大戦末期の兵器
特殊潜水艇回天やゼロ戦闘機
魚雷に人が乗って敵艦に突入する攻撃兵器。
420基が製造され内、100名以上が犠牲となった。
映画のストーリ中でも出てくる。



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 



                         
                                  
        

海上自衛隊呉史料館 てつのくじら館

category - 広島 景色風景観光
2011/ 09/ 11
                 

海上自衛隊史料館は先ず目にはいるのは

この巨大な本物の潜水艦、そして掃海を展示する史料館からなっています。


この建物の意味は海上自衛隊の歴史と

海上自衛隊の活動に対する理解の促進等

実物の潜水艦を「見て」、「触って」、「体感する」ってところかな

男子に好まれる施設かと思いますね!


DSC02663 -1



てつのくじら館」館内は

1F 海上自衛隊の歴史

2F 掃海艇の活躍

3F 潜水艦の活躍 などを資料と実際の設備などを展示してあり

普段は見れないものばかりです。



DSC02664 -1





潜水艦は「あきしお」です、艦内の設備を見て体験出来るようになっていました。

この潜水艦は道路に面して建っていてとってもインパクトがありますよ。

DSC02621 -1


以下の写真は潜水艦「あきしお」の内部写真です

良く戦争物の潜水艦映画で見るような

そんな機械だらけの空間です。

DSC02677 -12


DSC02678 -1

艦内のマニュアルっぽい機械がとてもリアリティーがあります。

DSC02670 -1

狭い潜水艦の中

だけに、いろんな配管、配線がむき出しに

DSC02674 -1

潜望鏡は実際の海に面した呉湾を覗くことも出来ます。

とても貴重な体験が出来ます。

DSC02676 -1



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 



                         
                                  
        

斜張橋 ユニークな形をした矢部川大橋 

category -
2011/ 09/ 05
                 
福岡県 みやま市 高田町 柳川市 大和町

この辺を通過する時に、この橋は遠くから見て美しい橋だと

いつも思って、とても気になっていた。


DSC02314 -12



今回、直で橋を渡ってみた。

調べてみると建設はスムーズに事のすまなかった橋らしい

2004年の着工より、順調に進んでいた工事が

地下の地層で地下水などの影響から塩分が流出し、

地盤の結合力が低下して不安定になって

建設されていた矢部川に架かる橋梁の基礎が、

柳川市側において約10センチメートル沈下が問題となっていた

開通までに多くの時間が費やされ2009年に晴れて開通した。

橋脚の高さのずれは道路に勾配をつけて調整した

ユニークな形をした矢部川大橋

コンクリート製斜張橋としては日本一の長さ。


DSC02318 -1

斜張橋は塔から斜めに張ったケーブルがアクセントとなり

真近を通過する時は素敵なデザインとなって形が変わり

迫力がありますよ。



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 



                         
                                  
    
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top