2012年02月

              
        

福岡県北九州市八幡東区河内石造りの河内ダム 堰堤(えんてい)

category - 福岡 景色風景観光
2012/ 02/ 25
                 


河内ダムは当時としては最先端技術を使って

大正8年から昭和2年(1927)に完成したた古い歴史あるダムです。


この河内貯水池は八幡製鉄所の工業用水に使用する為に

作られたダムで大正ロマンを感じさせる建造物になっています。


いまも現役のダムとして使われています。


ダム周辺は自転車道&遊歩道になっており、河畔をゆっくり散策できます。

DSC00632 -1


DSC00637 -1



堰堤の上から貯水池の奥、南西方向を眺めています。

奥に見える山は、直方市と八幡西区の境にある標高561.8mの金剛山です。

DSC00634 -1

美しい石造りの堰堤(えんてい)

DSC00642 -1

堰堤の下流側です。

展望台からの眺めなのですが雑木などが生い茂り

残念ながら全景が見えるというものではなかったですが

コンクリートという近代的な素材に、石材という伝統的な

素材が組み合わされた河内貯水池堰堤は、当時高価だった

セメントを節約するという経済的な理由があり、それを

カバーする優れた石工の技術が加味されて、

独特な石造り風な景観を創り上げています。

展望所横の遊歩道を下ると全体的な景観も見ることが出来ます。

まるで洋風なお城の城壁のようでもありました。



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 







                         
                                  
        

有田焼 国指定史跡 泉山磁石場

category - 佐賀 景色風景観光
2012/ 02/ 18
                 


DSC05339a.jpg


中国画と日本画が合体したような、古い古来の水彩画を思わせるパターンですね。

有田焼Wik


白い上品な白磁器に青味がかった色合いが思い出されます。

唐津は土もの(陶器)、伊万里は石もの(磁器)といわれているようです。

なかでも高価な「古伊万里」と呼ばれるものがあるが

江戸時代の有田焼を一般的にそう呼んでいるようです。

いずれにしろ有名な焼き物ですね。

DSC05344.jpg

なんと、有田や伊万里焼きをあつかうお店の豪華なまでの大皿

店先壁面が、こんな大皿をディスプレーで埋め込んである。

金額にしたら・・・・なんて考えてしまいます。

DSC05341.jpg

庭先もこんな大壺が大皿が野ざらしで展示!!

贅沢な見本ではないか(笑)




そんな材料となる有田焼の山がこちら




国指定史跡 泉山磁石場(佐賀県西松浦郡有田町泉山)

1616年に 陶工、李参平が磁器の原石(陶石)を

発見した、日本で最初の磁石場がここにあります。

そして有田で日本初の磁器が焼かれることになります。


採掘が困難になり、現在は 白磁鉱は天草の陶工砕石に移っています。

又、天草にも白磁器の素敵な窯元が存在します。

画像1




DSC05326.jpg

本年度の有田陶器市
■佐賀県 西松浦郡 有田町
◆会場:有田町町内一円
◆開催時期:2012年年4月29日(日) - 2012年5月5日(土)






ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 




                         
                                  
        

夢の話なんですけどね! ブルームーン 真冬の夢

category - ひとりごと
2012/ 02/ 12
                 

ココナッツの匂いがする、波の音もするようだ!

空を見上げるとそこは満点の宇宙空間のような

輝く星だ、一粒一粒が輝いていて、視力は4くらいは有るだろうか(笑)

明瞭に見える。


冬だからなー・・・・でも寒さは感じない!

横には見たこともないくらいの非対称な大きな青いが出ている

青く発光した冷たそうなだ。

周りはネオングリーンのスチームみたいなものに囲まれている。

見たいと思っている流れ星も時々降ってくる。

美しい光景だった。



日頃シャープで高画質に撮影出来る、あの高価な○○レンズが

欲しいと思っていたからだろうか、星の一粒一粒がクリアに見えた!

良く冬は空が澄んでいて夜空が綺麗!って云うよね。


冬の夜空の花火だって、ちょっと淋しげ,だけど

絶対云える事は、火の粉がキラキラとが輝いてクリアに見えるしね。


空気が澄んでいるのは間違いなさそうだ。




夢の大半は嫌な夢だったりするんだけど、こんな気持ちのいい夢を

見ることもある。




最近睡眠障害気味なんですよね、なかなか寝つきが悪くなってる気がする

眠っても2時間くらいで色んな夢を見て

目が覚める、昼間うとうとしたり、仮眠をするから

またまた夜が眠くなくなる・・・

夜になると、クリエイティブな感覚がさえてくるような気もする。

けど昼間に考えると大半は駄作な事の方が多いのに。

夜長になる・・・^^:

そんな悪循環で


この眠れないというのも、生活パターンの性があるし・・

一過性のものだと思うけど

早く断ち切らないとなー!


yumenobm.jpg




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 




                         
                                  
        

長崎県の多比良港から熊本県の長洲港までを結ぶ有明フェリーのカモメ

category - 長崎 景色風景観光
2012/ 02/ 07
                 

夕焼けに遊ぶカモメ想像図^^
DSC05530qsan1.jpg


長崎県の多比良港から熊本県の長洲港までを結ぶ

有明フェリーの所要時間は

約40分寒い時期の楽しみがある。


冬場の航海の楽しみは

渡り鳥のカモメが餌を求めて

舟について来る事だ。





3月くらいにはもう少なくなるこの冬鳥達は

天草方面でも見ることが出来る。


イルカウォッチングは有名になったけど

まだ見た事はないが、風の強くない日などに

運がよければスナメリ・ウォッチングも出来ると言う。



船内には カモメパンが売ってある。
CA4WVAJW.jpg
CA3GX4LK.jpg
このパンを目当てに集まってくる。

餌(このパンやエビセン等)を投げたり手渡しでも

喜んで食べに来る。

画像1kamome

カモメの鳴き声って癒されますね。

DSC05535aa.jpg

必死さはほほえましくさえ思える!

DSC05529sa.jpg

野生の冬鳥なのに慣れていてかわいいですね!



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 




                         
                                  
        

早鐘眼鏡橋  福岡県大牟田市早鐘町

category - 福岡 景色風景観光
2012/ 02/ 01
                 

福岡県 大牟田市にある早鐘眼鏡橋

小さいひっそりとした場所にあるために、ちょっと

探すのに分かりづらい場所にありました。


普段は管理の為に施錠がしてあります。

見るには管理の方への許可が要ります。

この橋は用水路を兼ねた石造りの架橋です。

当時の「三池藩」が早鐘池の用水を利用すために作ったとされる石橋



DSC04497.jpg

灌漑用の水路橋



DSC04496b.jpg

水路橋としては、古く、国の重要文化財に指定されています。


DSC04493b.jpg

石造アーチ型水路橋 延宝2年(1674年)


国指定重要文化財(有形文化財)  

早鐘眼鏡橋  

昭和45年6月17日指定




〇最近見て面白かった娯楽映画はこの「Unknown」
「未確認」とか「知らない」敵か味方か分からない・・見たいなそんなタイトル通り
交通事故にあった学者が目が覚めたとき自分の過去が消えていた!
良くありがちなストーリーに見えるが
全てが敵に見える!見えない敵との戦い、自分が何者かも分からなくなる
二転三転とスピード感ある飽きない展開!
実に面白い映画です!

〇娯楽作品のジャンルで面白いのが「監禁物」何本か面白いと思った中の1本で
「Mothers Day」
人は恐怖の中でこんなに変わっていくものかと、ありえないような展開がまた面白いのです。




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 



                         
                                  
    
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top