Article

                   
        

独り言な話、ブログに載せる写真

category - MyDiary・出来事写真日記
2009/ 12/ 21
                 

Town Oasys


写真を始めて街撮りは意外と少ない

なぜかと云うと

人が入り込むからだ、


人を入れないで撮るのは、結構めんどくさい

なるだけ顔が入らないように

撮ってはいるが


でも気づいた事がある

街は人が入ってこそ

生き生きとした街を撮る事が出来る

と云う事だ!



人を撮るのは難しい

携帯電話などでもお手軽に撮れる

又それが問題な時も発生してるみたいだし。

断りなしに撮ってると

プライバシーの侵害にもなり兼ねないからだ

特にブログにUPする写真などは考える。

何処まで顔写り写真は許されるのだろうかって!

顔を暈かす手もあるけど

表情を生かしたい時もあるわけで



後ろ向きの写真ばかりも撮ってられないし(笑)

さえない写真になってしまう

そんな場合もしばしば起きる。


この間散歩の帰りに

薄暗くなったグランドの自販機の明かりで

リフティングの練習をまだやってる少年が居た

自販機とあかりと少年の練習がとってもいい被写体にみえた、

声をかけてから写真を撮らせて貰うか(自然さが無くなる気がした)

かといってだまって後ろから撮るのもいささか盗撮のようでもある。

結局撮らなかったけど(笑)

人物を撮ると云う事はいろんな面も含め

とても意識してしまう。



いままで街の写真が、少ないのは訳はそんな

所からかもしれない・・・^^k。




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
ついでにこちらもカチッと1クリックお願い出来れば幸せです!
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます(クリック方法1)





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp


▲▲
マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンで
次々とランキングをクリックしても
ストレスなく繋がりいくつでもランキング応援が短時間に出来ます(クリック方法2)


コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

確かにブログにアップする写真を撮影する時に
人物が入らないようにあるのは
難しいですよね。
東京に行った時は平気に写真を
取り捲れましたが茨城の様な田舎は
不信感を抱いた好奇な目で
見られる時がよくありますが
人物が居て街並みは活気溢れる
写真になるので私は人物も
入れて写真を撮るときが多いです。
こんばんは!
そうですね~。
やはり、人の動きが入ると街らしくなってきますよね。
お写真のように、たとえば足だけとか、
あるいは手だけとか、はたまたシルエットとか、
そんな入れ方をしてみても良いかも♪
全身見えない分、想像が素敵に広がります(*^-^*)
Wポチッ!
街中で、大きなカメラを出すのが恥ずかしくって・・というブログ友もいます。
被写体として、意識しないで撮れるといいんでしょうね。
それにしても、ブログに載せるにはいろいろと問題がありますね。
スクぽち
顔だしは、ファンが減るので、
やめるように、言われている…
神秘的なうしろ姿だけ載せろ!と言われている。

あ。自分の話。でもたまに出す。
で、今日も注意受ける。

カメラマンは、いろいろ考えて写真を撮っているのですね。同意を得たら、自然体にはならないでしょうし、難しいところですね。
こんにちは~♪
そうですね、私も街中写真のとき感じていました。
プライバシーの問題もありますし、
どうしましょうね(。。)う~ん
プロの方のご意見を、お聞きしたいですね。
kensukeさんのブログで思い出す人物といえば、芦北での火縄銃サミットでしたっけ?、イベントで甲冑を着用した方ですね。迫力でした。
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top