Article

                   
        

アンネのバラと花火の写真

category - MyDiary・出来事写真日記
2009/ 08/ 24
                 

DSC04969のコピー

今日のHANABI




DSC02662のコピー




アンネの日記の著者アンネ・フランクが

アムステルダムの身を潜めた隠れ家に

植えてあった薔薇


アンネのばら



アンネが大好きだった薔薇だったそうだ。

一人生き残った父のオットー・フランクは

荒れ果てた裏庭に可憐に咲く

アンネの好きだった薔薇の花を見つけて

「アンネが生き返った!!」と

喜び、この薔薇をベルギーの薔薇育成家

が品種改良し「アンネのバラ」

と命名したとか。

この薔薇は5月ごろから11月くらいまで

繰り返し咲く花で

咲き始め黄色

満開時にオレンジ

そしてピンクになるという美しい薔薇の花です。


アンネのばら2



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
ついでにこちらもカチッと1クリックお願い出来れば幸せです!
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おはよう^-^
アンネの可憐な姿がこの薔薇に
映っている気がするね
なんとか見続けていたいという
お父さんのエピソードも
日記とあわせて知ってほしいな
^^b★
バラがきれいなのはもちろんのこと、悲しくも美しいエピソードですね。
こんばんは!
アンネが愛した薔薇なのですね!
この色合い、本当に美しい・・!!
お花さんも愛されるとわかるんですね、
植物にも心がありますから・・・。
色が変わっていく様子も想像しただけで夢心地になります(*^-^*)
今日の花火、シャンデリアのような美しさですね!
Wポチッ!
こんばんは~♪
ふんわり優しい色合いの薔薇ですね。
花弁が、黄色からオレンジ、ピンクに変化するなんて素敵☆彡
kensukeさんの、お庭に咲いているのですか?
花と花火
共通点は
人の心を癒す
ということでしょうか

今回の
2つの美しい画像も
どちらも見ていると
心が落ちつくようなきがします

花も色鮮やかですよね

ぽち
こんにちは!
アンネの日記を始め、ナチスドイツ時代の
ホロコーストの話などは度々映画にもなり、
鑑賞していると、本当に虚しさや憤りを感じますよね。理不尽にも程がある程に・残酷な出来事でした。娘が生き返った!と思った父親のその気持ちを思うと切ないですね。
とても愛らしい可憐なバラですね^^
悲しいエピソードですが、そんな思いが詰まっ
た花なら、なおさら愛おしく見えて来ました^^
素敵なお話をありがとう^^
応援凸
また、お邪魔しますね!
すごい。色が変わるの。
これも上品な色だよねぇ~

花火も動きがあってよろし!


四季咲きのバラって、いいですよね。
ずっと花を楽しめますもん。
どこに咲いているの~
kensukeさんち??
見たいな~
応援ポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top