Article

                   
        

廃墟のような廃坑がAETに蘇るとき・・万田坑復坑祭イベントデジタル掛け軸

category - MyDiary・出来事写真日記
2010/ 05/ 05
                 

30日間個展 Un favori のご案内
景色とマクロ写真です、お暇な方は是非ご覧になって行って下さいますと
ありがたき幸せでございます^^k。










IMG_2259q.jpg


熊本県荒尾市/福岡県大牟田市県境に位置する万田坑【まんだこう】

世界遺産登録を目指す荒尾市は、総事業費9億2000万円をかけて

櫓などの保存修復や周辺整備事業を進めてきた。

IMG_2274.jpg


5月5日までを「万田坑復坑祭?グランドオープン2010

?ここから新たな一歩が始まる」と銘打った催し物が繰り広げられる

その一つのイベントとして万田坑をバックにイメージ音楽が披露された。

IMG_2279.jpg








D?K(デジタル掛け軸と称し)は、デジタルアーティスト長谷川章氏が考案。
長谷川 章プロフィール
アート「D-Kデジタルカケジク」について

DSC09344.jpg


過去に熊本城など世界各地の史跡などでライブを開催しています。

IMG_2300.jpg


中国で1日開幕の上海万博でも披露を予定しているそうです。

そのすごいAETを目にする事が出来ました。

IMG_2289q.jpg


今日はその時の映像を目に焼き付けて来た

写真をご覧頂きたい。

今年のゴールデンウィークのうつくしい感動です!^^k

それは夕日や空に展開する雲を眺めるような、静かに無音で流れる景色です。

うつろいを共有する一瞬でした。



それは意味のないストーリです..見た人の感性で感じる世界をその目で体感して下さい。
全20景用意しました。もっと見たい方はこちらからどうぞ MORE




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます(クリック方法1)





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp


▲▲
マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンで
次々とランキングをクリックしても
ストレスなく繋がりいくつでもランキング応援が短時間に出来ます(クリック方法2)


コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

え~!万田抗でこういうイベントやっているのですか? 何度も行ったことがありますよ。子供を連れて夏休みの宿題に絵もここで描きました。
こんばんは^-^
ただ驚きの連続です
こんなアートもあるんだなぁって
私がよく使う素材のところ
投稿したんだね 使えるのかな?
^^b☆
こんばんは!
なんとも不思議な、芸術空間が広がっていますね!
廃坑が、こんなにも素敵に生まれ変わるなんて。。
かつてここで働いていた方々の思いを考えると、なお感動が広がりました。
いつまでも輝き続けてもらいたいですね!
(先)Wポチッ!
こんばんは。
連休にはきっといいお写真を撮られていると思っていました。
大正解!
これは日本なの?っていう写真の数々ですね。
建物自体がアートっていうのがすごい。

応援
いいですね~!
私もこのGWに子どもたちの写真をたくさん撮りましたが、スライドショーにしてもブログにUPできないのが残念。

kensukeさんの写真は芸術的で、たくさんの人を癒してるからスゴイ!
なんかすごい場所ですね
ライブも魅力的やわあ
私はGWの予定がつぶれてしまいましたけど
kensukeさんに教えてもらったところは
いつかきっと
訪れてみたいと思っています(^^)

こういう産業遺産をまわるのが最近はやっているみたいですね。かつてはココも大勢の人が働き笑い声や活気に満ち溢れていたんだろうね

そんなことを考えながら訪れたらまた面白いかもね。現代アートとのコラボも素敵です
応援ぽち♪
こんばんは!

う~ん。確かにこういう炭坑跡の様な
建物は、芸術的に想像力を掻き立ててくれるような魔力を感じるよね~^^
作りもしっかりとしているし、ノスタルジーも漂っているし・・。
長谷川氏の名前、どこかで伺った事があるかも。
kensukeさんの20枚のお写真も、
拝見させていただきました♪
感性が研ぎ澄まされてますね^^

応援凸
歴史のひとコマやねぇ。
煉瓦のアーチがいいねぇ。
九州には多いのかなぁ?
いろんなところに住んだけど、
巡り合ったことがなかったよ。

20枚綴りも拝見しましたぁ~
いつもきれいにまとめるね♪
一体なにがどうなってるんだ~???(^^;)
と思いましたが
多分何か 投影のような
そんな感じでされているものかと思います

下の20枚の画像も見ましたが
いや~なんとも
不可思議だけど
独特の模様が美しい

通常の万田坑も
哀愁を感じるような
そんな風にもみえますが
今回のは滅多に見れない
貴重な風景だったのではないかと思いますよ!

僕はまず
通常版の万田坑も
見にいきたいです(^^;)
万田坑復坑祭、知らなかったです。
もしかしたら、広報に載っていたかも~
近くを通ることはあっても、見に行ったことはないです。
ほんとうに、私は熊本、kensukeさんは、こっちに来ていたのね。
応援ポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top