Article

                   
        

住むとしたら都会!?田舎ぐらし!?・・・・・どっちも捨てがたい今の心境

category - 旅・旅行
2010/ 10/ 04
                 

人があんまりいないと、多い所に来ると、安心感が出るようです^^k


集団生活に慣れてるせいでしょうか(笑)



モノレール架橋

モノレールって全国的にも「珍しい乗り物」でしょー!?

乗った感想は外も見えるし地下鉄より解放感があっていいようです。

結構、都市ぽくカッコいい乗り物ですね、モノレールと架橋

DSC03470 -12







国際通りをうろうろ、やっぱり一番の観光地だね、全国各地から人が

集まってるって感じだ。

お洒落な格好して歩く人も多い、人の温もりを感じる・・それもいいのだけど

人混みは、疲れるのはたしか^^。

ぬけだしたい感が早々に戻って来たんのが本音です。



那覇に戻ったその足で「御菓子御殿」ってところの2Fのとっても

お洒落で豪華なレストランで(自然ばっかり見ていたから、ギャップで特にそう感じたとこもある(笑))

一息ついた、出て来たぜんざい(氷ぜんざい)は

やっぱりお洒落に盛り付けられていた。

でもやっぱりおいしー!

黒砂糖シロップにミルクと紫芋味の白玉入りそしてたくさんの豆が・・・^^k

この味は、冬に来ても注文したくなるかもね!

くいたかったー


真っ青の海と浮島がアクセントとなった海が綺麗な海中大橋でした。

視覚味覚

と云う事で沖縄の味覚も少し!







ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます(クリック方法1)





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp


▲▲
マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンで
次々とランキングをクリックしても
ストレスなく繋がりいくつでもランキング応援が短時間に出来ます(クリック方法2)


コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おはよ~
「御菓子御殿」ってネーミングが
いいですねぇ
それに、それにv-356
紫芋の白玉団子v-10
食べてみた~い(笑)
モノレールは大阪にもありますよぉ
あまり、乗る機会がないけど。。。
たまに乗ると
空を散歩してるみたいで
めちゃめちゃ気持ちいいv-221
こんばんは^^
モノレール、那覇にあるんですねー、写真で拝見すると都会なんですね^^
沖縄の豚料理、一度食べに行きたいな~(遠い目・・・)w

ぽちっ
こんばんは^^
普段はわりと都会にいるから
休日には田舎にいきたくなるのよね
でもどっちも好きだわ
ん~選べない ^^;
らふてぃかぶりつきたいな
^^b☆
こんばんは!
モノレールは時々乗りますが、普通の電車よりやっぱり心地良いですよね!
たしかに、人があまりいない環境にずっといると、人恋しくなるかも。
でも、私も人混みは苦手です(-_-)
かき氷、お豆の大きさと新鮮さに驚きです!
ほんと美味しそうですね~!
どどーんと大きな海中大橋、渡ってみたいなー(≧∇≦)
前ポチw☆
僕はやはり都会だろうか?(笑)
色々あるから
便利なんだけど・・・
でもいつかは
やはり静かなところが
いいと思う日がくるのかな・・・

モノレールは・・・
都会的なイメージがあって
アトムとかドラエもんとかの
未来的な感じが(笑)
だから乗ると
ワクワクします(笑)

沖縄ぜんざいも
ラフティーも
おいしいよねーーー(^~^)
ビールがすすみます(笑)

ぽち
北九州の義姉のところに行くと、頭上をモノレールが走っているけど、こんなに空は見えない狭い空間。
鶴屋や阪神百貨店をうろうろしていたら、気分が悪くなったのは、田舎に慣れてしまったからだろうか。(涙)
応援ポチ
おはようございます!

そうだねぇ。。
kensukeさんのお気持ち、判るなァ・・
人って居ないと寂しく感じるし、多すぎると
人酔いして、気分が悪くなってくるしw

モノレールは確かに近代的なイメージの象徴だよね!ただ現実問題、運賃高いよね~(普通に私鉄なんかもよりも^^:)

それでは、応援凸
また、お邪魔しますね!
実はモノレール出来てからは本島には行っていない。
離島に一度はまってからは、飛行機乗り換えのためにしか降りてない。

でもこのかき氷は離島にはなかったぁ~

国際通りも20年ぐらい行ってない。
ずいぶん変化していることだろうねぇ~
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top