Article

                   
        

マイクロフォーサーズ対応デジタル一眼オリンパスのEPペン

category - 家電情報・新製品・デジカメ
2010/ 10/ 20
                 





22.jpg
OLYMPUS PEN E-P2
設定の変更で手軽にアーティスティックな写真が撮影できるアートフィルターが特徴

デザイン的に一番気に入っている

意外と見やすい便利で使いやすいファインダーが付属

アングルファインダーのように上側90度までファインダーを動かすこともできる。

液晶画面に鼻がこすれるって事もないのがいい!(画面も汚れないし鼻も気持ち悪くない^^k)




01_px250.jpg

2009年7月に発売されたオリンパスのE-P1(ツインレンズキット)12万程度だったかな。

オリンパス初のマイクロフォーサーズ対応デジタル一眼「オリンパス・ペン E-P1」。

このカメラは当初から人気が高く、飾って置きたいくらい好きなデザインだと云う人もいる^^k


「カメラグランプリ2010大賞」「あなたが選ぶベストカメラ大賞」受賞

EISA AWARDヨーロピアンカメラ 2009-2010受賞

日経トレンディ「2009年ヒット商品ベスト30」にランクイン している

08_px250.jpg


現在の価格動向を見て見たら結構安くなっている(半値近い値段まで下がって来ていた)

今買おうか迷っている製品だ。









l_hi_ol12.jpg


次いでに書いておくとより初心者向けに仕上げつつ、充実した機能も盛り込んだモデルとなっている。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1、デザインはよりデジカメに近いややチープな感じがするのだけど

使いやすさはなかなかのもの、初心者も直観的な操作で

ライブガイドシミュレーターはこちらから マニュアルな操作を知識なくても芸術的な写真が撮れそうだ。

デジカメからランクアップしたい人にはうってつけなモデルだと思う



貴方ならどちらのデザインが好きですか
l_hi_ol04.jpg

オリンパスE最安値価格一覧
オリンパス・ペンE-P2



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます(クリック方法1)





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp


▲▲
マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンで
次々とランキングをクリックしても
ストレスなく繋がりいくつでもランキング応援が短時間に出来ます(クリック方法2)


コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

私ならE-P2^^
でも所有してるのは、同じマイクロフォーサーズのLUMIX-GF1です^^
オリンパスのビューファインダーは高性能ですね、GF1用に同等のファインダーが出たら買うのですが...
こんばんは!
このカメラ、よく名前は聞きます。
人気種なのですね!
初めて買ったカメラが、オリンパスでした。
お値段、安くなっているんですね!
左のデザインが好きです♪
前ポチw☆
海に持って行くから、
画像に必ずシミがつくようになりました。

買い替えのサインです。
これイイと思ったけど、
今までずーっとキャノンんだっただけに…
すごくまよっとるよ。今。
こんばんは^^
PENはヤフオクで落としたジャンクEEDだけ持ってますね~。
デジカメのpenもやはり使い勝手がいいんでしょうね^^

ぽちっ
こんばんは^^
もう今使っている
デジカメが古くて古くて
アナな私が限界を感じるくらいだもの^^;
でも デジ一にする勇気もないのよね><
こまったものだわ
左側が好み デザインだけどね
こんばんは!

実は息子が使っているカメラはPEN Lite E-PL1
で、手軽に芸術的な画像を楽しんでいるみたいですよぉ~^^
ただ、本人は、PENーEP-1が欲しかったみたいw
これから出世出来たらの話だけどね(笑)
後でお下がりを貰う予定P(^^
応援凸
先日ブロガーのオフ会をやったのだけど その時 みんなの持ってるカメラを集合させて それの写真を撮るというのをしたけど みんないいカメラ持ってるよね~ しかも詳しい(笑) 僕もそろそろいいカメラが欲しくなったぞ(^^) ぽち
デジカメからランクアップしたいですよ(涙)
付属のファインダーが便利そうです。
こういうの初めてみたかも。
応援ポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top