Article

                   
        

不知火文化プラザ くまもとアートポリス

category - デザイン・雑貨
2011/ 01/ 18
                 


siranui_20110117210525.jpg

久しぶりにアートポリスの紹介です。

この日撮影はとても冷たく寒い日だった、このアルミ素材を

ルーバーのように使った壁面はここ不知火の火を建築物で具現化したデザインらしい。

縦横に伸びた金属のルーバーが日射し或いはライトアップで光が反射した

さまを想像しなが写真を撮った

建築家:北川原 温氏(きたがわら あつし)

施工期間 1998年2月?1999年4月

場所 熊本県宇城市不知火町

IMG_6733.jpg





建物は美術館と図書館として使われている

このページを開いたような本の形はとても

遊び心と斬新なデザインがシンプルなのに

とても目を引く。

図書館だよ!と一目で分かるね^^k。



IMG_6739a.jpg

IMG_6735a.jpg

■くまもとアートポリスとは時の細川護熙知事が提唱した建築運動
1987年に西ドイツで開催されていたベルリンIBA(国際建築展、国際建設展覧会)
を視察したことにヒントを得て、建築をはじめとする環境デザイン全般に
対する意識、都市文化・建築文化の向上を図ることを目的としてはじめた熊本県のプロジェクトです。

参加プロジェクト一覧



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます(クリック方法1)





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp


コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 
つぶやく




                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは。
そのようなプロジェクトがあっていたとは、細川前首相やりますね^^(地元貢献だ^^)
確かにモダンな建物、本を開いたような造形美、見事です。
応援ポチ!
こんばんはー
まさに本ですね^^
空からも見てみたいです(笑
とても居心地が良さそうな空間ですね!
夜も綺麗そうですね~
kensuke君ブログでこれまで アートポリス作品を何度か拝見してきましたが こちらもまた斬新なデザインですねー かっちょいい(^-^) そして本を開いたような形ということで 遊び心もあるし面白いですよね こういう建物がどんどん増えて 熊本の1つの観光スポットになればいいのにねー 今後も増え続けていってほしいです ぽち
こんばんは^^
これはまた斬新なデザインですね~。
見たら印象に残りそうな建物です^^
なんとなく京都駅のデザインに似ているような気がしましたね^^
こんばんは!
本当、素敵なデザインですね!
美術館と図書館が同じところにあるというのも、いいですね。
相乗効果でますます心が深まりそう。
「環境デザイン」
この言葉に尽きますね☆
前ポチw☆
久し振りのアートポリス記事ですね
流石にお洒落な建造物のデザインは
素晴らしい限りです!
本だね。
図書館だ。

こっちの図書館はイスのデザインが売り物だったはずなのに…

この前行ったら…なくなってましたぁ~
なんでぇ~

みんな寝ちゃうからだね。
アートポリス、ほんとうに久しぶりですね。
不知火町ってうちの近所にもあるんです。街の真ん中なのに。
この建物、まさに本を開いた形です。
こういう図書館に行ってみたいです。2枚目の写真の窓から差し込む日差しを背に、本を読んでみたい。
応援ポチ
おはようございます!

確かに、一目で本を扱う場所だよって、言っているみたいだねw
建築士は設計段階で光が取り込まれる量やら、スムーズな動線を確保したり、快適さや、使い勝手のよさなど、あらゆる方向性から検討して計算された空間を提供しているんだろうな。。
その町、市のシンボルとしても堂々とした佇まいだね^^
知的なイメージもあって、素敵な建物です!

応援凸
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top