Article

                   
        

玉名天望館 くまもとアートポリス 2

category - デザイン・雑貨
2011/ 01/ 25
                 
















砲台も付いてるようにみえるまるで

戦艦の船首のようだ。

フロア部分もよくみると勾配があるようにみえる

不均衡な作りがスッキリ感がないのだけど

どの部分も形が変わっている

角度を変えるだけで形が違って見える。

設計者の強烈な意図があるのは察しが付く。



見る角度で鳥が飛んでるようであたり

くじらのような大型の魚にも見えたりする。



この建物も云える事だけど、アートポリスの関連建築物で

保全管理がゆきとどいていない為

劣化がかなり目立っているものがある、この玉名天望館も

1992年に出来たにしては汚れているようにみえる。


この朽ちた感じが、写真を撮るのには、趣もあったりも

するのだけど、・・これ以上は朽ち果てさせたくない建物です。


■くまもとアートポリスとは時の細川護熙知事が提唱した建築運動
1987年に西ドイツで開催されていたベルリンIBA(国際建築展、国際建設展覧会)
を視察したことにヒントを得て、建築をはじめとする環境デザイン全般に
対する意識、都市文化・建築文化の向上を図ることを目的としてはじめた熊本県のプロジェクトです。

参加プロジェクト一覧



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
以下のサイトを1クリックで一括応援して頂けます(クリック方法1)





くつろぐ

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp


コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 
つぶやく





                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは^^
これはもうアート過ぎますね(笑)
螺旋階段は上から見るとアンモナイトのようで・・・
でもその風景は好きですね~^^
日本は管理が下手ですよねv-292
芸術に関しての
心の幅が狭いのかなぁ
確かに金銭面の大変さはあるやろけど
作品の命も大切にして欲しいなぁ。。。
アートポリスの維持管理は
一か所が統括してる訳では無いのですね
汚れてくるのは趣と取るか
汚いと取るか紙一重かもね。
本当に
いろいろな形に見えるよね(^^)
各 角度から
本当におもしろいな(^^)
複雑な形
いろんな角度から
このオブジェを
見て楽しみたいですね(^^)

ぽちり
こんばんはー
本当にいろんなものに見えますね^^
施工もたいへんだっただろうなって思ってしまいました(笑
とても夢がある建物ですね!
魚って書いてあったから、
一番ピンときたのは

やっぱりサメ!

色もサメみたいだし~^^
こんばんは!

確かに打ちっぱなしのコンクリート壁って
こんな感じで黒ずんだりするね。
最近は酸性雨の濃度が高くなっているからかな。本来アルカリ性のコンクリート壁が中性化して次第に腐食しかけているのまであるもんね^^;
作りっぱなしではなくて、アフターケアも
しっかりと出来る予算を確保出来ればいいよね。これだけの立派なデザインの建物を腐食させてしまうのは、非常に勿体無いな。
応援凸
子どもが小さい頃に行ったきりで、今は熊本に行く道すがら大橋を渡る時に見ているような気がするけど、遠くから眺める限りきれいなんだと思っていました。
写真で見ると、風雨にさらされているようですね。
応援ポチ
こんにちは。
先日の写真からも思いましたが、確かに汚れが目立ちますね。
洗浄・補修の予算までは確保されないんでしょうかねぇ、こういうアート系...
なんとか管理面が充実するといいなぁと思います。
ポチ!
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top