Article

                   
        

有田焼 国指定史跡 泉山磁石場

category - 佐賀 景色風景観光
2012/ 02/ 18
                 


DSC05339a.jpg


中国画と日本画が合体したような、古い古来の水彩画を思わせるパターンですね。

有田焼Wik


白い上品な白磁器に青味がかった色合いが思い出されます。

唐津は土もの(陶器)、伊万里は石もの(磁器)といわれているようです。

なかでも高価な「古伊万里」と呼ばれるものがあるが

江戸時代の有田焼を一般的にそう呼んでいるようです。

いずれにしろ有名な焼き物ですね。

DSC05344.jpg

なんと、有田や伊万里焼きをあつかうお店の豪華なまでの大皿

店先壁面が、こんな大皿をディスプレーで埋め込んである。

金額にしたら・・・・なんて考えてしまいます。

DSC05341.jpg

庭先もこんな大壺が大皿が野ざらしで展示!!

贅沢な見本ではないか(笑)




そんな材料となる有田焼の山がこちら




国指定史跡 泉山磁石場(佐賀県西松浦郡有田町泉山)

1616年に 陶工、李参平が磁器の原石(陶石)を

発見した、日本で最初の磁石場がここにあります。

そして有田で日本初の磁器が焼かれることになります。


採掘が困難になり、現在は 白磁鉱は天草の陶工砕石に移っています。

又、天草にも白磁器の素敵な窯元が存在します。

画像1




DSC05326.jpg

本年度の有田陶器市
■佐賀県 西松浦郡 有田町
◆会場:有田町町内一円
◆開催時期:2012年年4月29日(日) - 2012年5月5日(土)






ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 




                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

かっこいい!
焼き物の図柄ってかっこいいですね~
有田には行ったことあるのですが
中心部と有田焼の神社を見てタイムアウトになってしまいました。
もっと焼き物、本物を見てくればよかったな~

応援♪

いやあ魅せてくれますね!!
見事な大皿の数々、圧巻の一言に尽きます。
こういう模様って
もう日本人のDNAに組み込まれているものがありますね。
大事に・・・いつまでも、大切にしたい
また山が素晴らしいですね。
なんていうのかな、、「幽玄」なるオーラを感じました!!
p☆
こんばんは^^
有田焼はカラフルで、ゴージャス感が
ありますよね^^
陶器に水墨画の風景を表現するというのも、
すごい技術ですね~!
有田焼、伊万里焼 って僕には少々縁がないが(^_^;) でも美しさは感じることができます それにしても ドデカすぎー いくらぐらいだろー うん千万!?(笑) ぽちり
こんばんは!

なんですか!この壁(゚д゚)!
なんか日本じゃないみたいな雰囲気だね^^
釜が何やら鼻の穴に見えたのは私だけかしら(^^ゞ
それにしても、ホントに豪華な見本だね!
こんな素敵な場所を撮影して来てくれて
midipaさん、ありがとう♪
目の保養をさせていただきました!

応援凸
5月の連休に、熊本から有田焼ツアーの電車がありましたけど、今もあるのかなぁ。
実家の母が昔は、よく行ってました。
私は、まだ一度も行ったことがないんですよ。
応援ぽち
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top