Article

                   
        

長崎 軍艦島 その3 廃坑、 アパート , ビル , 建物

category - 長崎 景色風景観光
2012/ 05/ 22
                 

DSC06107bbアルビ


端島小学校の裏側が見れます。



手前が石炭をベルトコンベアで運び

貯炭場に・・・

そして石炭船に積み込み搬出されていた場所です。
DSC06119b貯炭





日本で最初の鉄筋コンクリートのビルとされる

30号棟アパートが見えます。

手前はほとんど壊れてしまっていますが

第二竪坑坑口桟橋跡
DSC06114b桟橋




第二竪坑坑口桟橋へ行くための

階段部分が残っています。

台風などで壊れそうなくらいの

現状の形が今見れたことが

なにか貴重な史跡を目に出来た気がしました。

この炭鉱の核となる総合事務所は赤レンガ造りの

建物だった事が分かります

壁部だけが残りほとんどが、ここも

壊れていて建物を想像するのみになっていました。

年月と共に形を無くしていくんですね。
20120411_39b総合





この部分舗装されたコンクリートの道路跡

に見えますよね。

実はこの下がトンネルが掘ってあり

地下道が通っています。

トンネルの天井部分になる訳ですね。
DSC06133bb地下道


その3


その4・・・
その2・・・
その1・・・



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

解説付で分かりやすく、助かります。
なるほど、こうなってるんだと興味深く拝見してます。
ほんと、行ってみたいです~^^
こんばんは!

いわゆる廃墟マニアと呼ばれる人が
泣いて喜ぶような場所ですね(^^)v
一時、打ちっぱなしのコンクリート壁
のマンションなどが流行ったけれど、
無機質な壁って、異次元の世界に迷い込んだとうな印象があって、好奇心が掻き立てられますよね!

応援凸
風化していく
セピア色の景色の中に
その当時
暮らした人々の
どんな思いが伝わっているのだろうか?
希望や幸福や未来
今は朽ち果てた光景になったのだけど
人々の熱い思いが
きっとあったはず
なんか当時のことを
映画か何かにしてほしいですね

ぽちり
日本初の鉄筋コンクリート、、
ロマンを通り越して、なんか切なくなってしまいました。
赤レンガも、
これから時の流れとともに、少しずつ
消えてゆくのでしょうか。
映画を見ているようで、映画より真・・・!
p☆
これ以上建物が壊れないように、大事にしてほしいですね。
長く、守って欲しい場所かもしれません。
応援ポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top