Article

                   
        

富貴寺 六郷満山 大分県豊後高田市

category - 大分 景色風景観光
2012/ 06/ 11
                 



文化財の石段の傍で自家栽培らしき野菜を売っていたおばあちゃん、

手持無沙汰なのか子供のように

足をぶらんぶらん左右に揺らしていた

まるで少女のように見えた。



此の階段ををのぼると、そこにある。

富貴寺8

まだ蝉の声もない、浅い夏です。

この地、豊後高田にある

阿弥陀堂の「仏像」を一度見てみたかった。

そこは、空気感からして違って感じる場所でした。



ここも行ってみたかった場所です。


これまでに大改修を四回したというお堂

墨書のある棟木は文和二年1352年の一部も残る歴史的史跡になります

その名は六郷満山「富貴寺」です。


富貴寺4

上りながらシャッターを切る間も

どんなお堂なのか、期待感でわくわくします。



石段も文化財に指定されている。


富貴寺


国宝・大堂


は九州最古になるとされる和様建築物です。


この写真は夏!

春・夏・秋・冬とキット四季を通じ

訪れる人を引き付ける荘厳なお堂なのだと思いました。



笠塔婆





富貴寺2


重厚な軒も圧巻です。



富貴寺5



静寂に包まれる堂内

この左側に撮影禁止の仏像があります・・

背部分が二重の円光を持つ「阿弥陀如来坐像」有形文化財です

座禅を組んだふくよかなお顔をされています。



しばし、この前に座り心を穏やかに・・




帰りの駐車場で別々に行動していた友達が一言「おばーちゃんから

何か買ってやればよかったかなー!」

同じことを考えていた僕もしまった!と思った!^^:

今日の清々しい感謝をおばーちゃんに

ありがとうの気持ちで還元すべきだったかな・・・



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは^^
新緑と国宝のお寺がまた
見事にまっちしていい風景を
作り出してますね~
やはり使用されている木材に
年季が入っていると、建物の
雰囲気もいいものになりますね^^
おはようございます!
先日観た映画の中のセリフで
写真に収めるばかりではなく、本物を目の前にして自分の眼で見て、自分の心の中に刻むことが大切だという話があったんですが、確かに心の目でシャッターを切る事は大切なことなのだと思いますね^^

文中の「浅い夏」とても新鮮な表現ですね!
四季に対しての表現も色々ありますが、初めて聞いたような気がして、とてもステキな一言だと思いました♪

応援凸
とても力強い
厳格なお寺ですねー
このお寺自体もそうかもしれないけど
写真効果も大きいかな(^-^)
特に3枚目と5枚目に
写真から強いパワーを感じます

中の撮影禁止も
見てみたいけど(^-^;
最近はマナー違反が多いので
それはきちんと守る
midipaさんは立派
ルールはちゃんと
守らなくちゃね!(^-^)/
詠み進めていくうちに
私もまた、心清まっていく思いでした。
素晴らしいお寺
大切に、守られてきたのですね。
素朴なのに、この存在感。
撮影禁止のお仏像・・・想像しています
日本人であることに、誇りを感じて
そして、感謝の気持ちでもって
生きていかなければ。
p☆
ここにいると、心深しができそうです。
じっと座っていたい気持ちになりました。
今度は、秋に行っておばあちゃんに会うというのは、どうでしょう。
秋の風景と秋の野菜が楽しめるかも。
応援ぽち
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top