Article

                   
        

肥後民家村 旧境家 和水町 国指定重要文化財 九州の風景

category - 熊本 景色風景観光
2012/ 06/ 22
                 

和水町は、熊本県北西部、福岡県との県境に位置する場所にあり

この「旧境家」の建物は熊本県玉名郡玉東町から移築したものです。

国指定重要文化財に指定された民家です。

DSC01956 -1




文政13年3月に建てられたものです。

中には、囲炉裏や昔使っていた生活用具、農具が展示されています。



「併行二棟型」や土壁、藁葺の屋根など寄棟造佇まいが

今でも見る事の出来る貴重な建物です。

藁葺の屋根が印象的ですね。

DSC01963 -1








座敷と居間の二部屋

後は土間兼台所の構造です。

DSC01961 -1

屋根のしっかりと編まれた竹組が特徴的ですね。

DSC01967 -1

台所の裏玄関から行ける井戸

DSC01960 -1






槇を燃料にかまどでご飯を炊く台所。

DSC01969 -1


農機具も見る事がでいます。

DSC01968 -1


大きな地図で見る

アクセス
熊本県玉名郡和水町江田302



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんにちは!
茅葺き屋根は今は本当に珍しくなってしまいましたね(^^ゞ
私の家の近所にも昔、茅を葺く職人のおじいさんがおりましたが、今は高齢の為に亡くなってしまいました。貴重な存在でしたので県内のあちこちで依頼を受けて飛んで歩いていた方でした。
もう若い方もこういう技術を受け継ぐ方が減りつつあるので、保存もさぞかし大変でしょうね。

九州地方はこの所雨がかなり降っているようですね。midipaさんの所は大丈夫ですか?
どうかお気をつけてください^^

応援凸
古きよき歴史を感じます
その中で生活している方の
大変だけど
幸せだったであろう日々とか
重要文化財て
とても大切な文化だと思う
これからも その時代があってこそ
今があることを
伝えていってもらいたい……

ぽちり
こんばんは^^
茅葺の古民家を見ると、
なんだかホッとしますね~
内部の骨組みもしっかりと
したつくりのようで、これからも
大事にしていきたい文化財ですね^^
地名が変わってからの、和水町には行ってないです。
一瞬、どこ?って思いました。

この家には、今読んでいる、愛しの座敷わらしが住んでいるような気がします。
応援ぽち
すごい・・・
目の当りにしたら、どんな感動が胸いっぱいに広がることだろう・・・
当時の、「生活」まで見えてくるようです。
ああ、ここを通って 井戸へ
冬は、寒かっただろうなあ。
かまどで炊かれたごはんの味
背中を丸めて 働く人々の姿
日本のたからもの。
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top