Article

                   
        

北台武家屋敷 大分県杵築市にある「酢屋の坂」 坂道 石畳 と城下町

category - 大分 景色風景観光
2012/ 06/ 29
                 

歴史的町並み
全国で唯一認定された町



大分県杵築市(きつきし)の杵築城は3万2000石の城下町です。

城から北に1キロくらいのところにこの北台武家屋敷があり

城下町と武家屋敷など瓦屋根の建物がほとんどなので町自体が和風な感じ

雰囲気は情緒があり、時代的でほんとに素敵な観光地です。


全国各所にある武家屋敷の中でもこの杵築市の「武家屋敷」は趣があると思います。



ここの武家屋敷は「北台武家屋敷」と「南台武家屋敷」に分かれています。

真ん中に城下町道路を挟んで二つの武家屋敷は高台にあります。


市では「サンドイッチ城下町」と称してPRしている。

町並み

町自体ほとんどが瓦屋根の日本家屋で統一感さえ感じます。

DSC06306c.jpg





今日はその北台武家屋敷へと続く「酢屋の坂」と「勘定の坂」の紹介から。

ここは一番の人気もあり、先ず押さえておくべき見どころでしょう。


趣のある石畳をした坂道「酢屋の坂」をのぼると

江戸時代の情緒ある形を残す、北台武家屋敷があります。

DSC06261b.jpg 



時代物のロケにもしばしば使われるそうです。

道路をサンドイッチに南台武家屋敷側の「志保屋の坂」も上のほうに見えます。

DSC06262b.jpg









上り詰めて右側の方が観光スポットとして人気のある場所になります。

形の変形した、土壁がなんとも時代をトリップしそうな雰囲気を

醸し出していますね。


DSC06266b.jpg


その長塀道路沿いにある有料施設大原邸

杵築藩の上席家老大原氏の「茅葺きの屋根」が特徴的の屋敷で

母屋東には廻遊方式の庭園もある。


DSC06267b.jpg






こちらが「勘定場の坂」「北台武家屋敷」を見上げる場所からの撮影で、

右側が「藩校の門」や左側に「大原邸」「能見邸」などがある。

道の両脇は昔ながらの土塀 などがあり、いかにも武家屋敷といったたたずまいです。


DSC06283c.jpg


この勘定の坂の坂道の石段の幅は馬の歩幅に合わせてあるんですよ!

駕籠かきも行き来しやすい傾斜です。

又、この石積みの中に富士の形や、縁起の良い末広扇の形をした

石が埋め込まれています、探してみてください、見つけられると

なにかいいことがあるかも^^
DSC06284b.jpg

次回は大原邸と南台武家屋敷側の紹介です。


大きな地図で見る
アクセス
別府・湯布院から30分
大分県杵築市大字杵築北台207



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓
人気ブログランキング
blogramランキング

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは^^
なんとも味のある坂ですね~
土壁も補修せずにそのままという
のは、すごいですね・・・
やはりありのままを残すと言う
こだわりを感じます^^
うわー
本当に素晴らしいお屋敷が・・たくさん!!
これ、本当に現代ですか!?
石畳がまた風流ですね!
馬に合わせて
細やかな日本人の配慮。
富士の形 扇の形・・いいなあ!
日本の建築、この時代に戻らないかなあって
真剣に考えちゃいました。
p☆
こんにちは!

趣のある坂道ですね!!
本当に時代劇の作品のロケには打って付けの
場所ですね^^
ロケと言えば、昨日息子の住むマンションの隣のマンションで映画の撮影をしていたそうですが、こちらは現代劇の様です(^^ゞ

今にも坂の頂上付近から、お侍がこちらへ向かって
走ってくる様ですね^^
素敵な街並みを拝見出来て、感謝しますm(__)m

応援凸
酢屋の坂というのは
結構有名な坂だよね
旅行パンフとかで
見たような気がします

石畳の坂道が
歴史を感じる町並みと
相まって
風情を感じます

瓦屋根の風景も
これからも
近代的なものはつくらず
このままの風景を
残していってもらいたいですね(^-^)
大分のイメージ、温泉と海(関サバと城下かれい)でした。
こういう場所があるんですねぇ。
行ってみたくなりました。
応援ぽち
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top