Article

                   
        

沖縄美ら海水族館 開館10周年 沖縄県国頭郡本部町字石川424

category - 沖縄 景色風景観光
2013/ 01/ 17
                 

この日は朝から雨風の天気だったので

雨を凌げる施設へって事で、水族館に決めた!

ていうか、雨なら雨を凌げる所で観光しようと前もって決めていたので

その日は「美ら海水族館」にスムーズに決まった。

ここ10年間で入館者数2500万人達成したということ、人気の水族館らしく

この日もこの悪天候にかかわらず昼頃にはすごい人出になっていた。

考える事は一緒だね^^


入場料は大人1,800円です、後で分かったのですが
高速道路を降りた「道の駅許田」で割引前売りを買って行くと
お得になりますよ。(帰りに寄って分かった情報ですけどね)^^;

*4時からチケットも割安で入場できるシステムです。水族館だけなら
 このコースも賢いチョイス

20130114205901 (3)

玄関のジンベエザメのモニュメントは迫力がある。

世界最大の魚ジンベエザメが「ウリ」みたいです!


20130114205901.jpg

中にはいろんな各水槽のブースがあり全てゆっくり見てまわっても

2~3時間で見れる感じですね。

やっぱりこのブースが一番の人気水槽ですね。

目玉らしく、一番大きな水槽です。

もしもこの水槽が壊れたらなんて考えるくらいの

高さも奥行きも巨大な水槽でした。


20130114205901 (1)
悠々と泳ぐマンタとジンベエサメ


皆さんこの位置から写真を撮っています、何処かで見たことが

あるスナップかも知れませんね。

観る場所をひな壇のように設計してありいろんな高さ奥行きから

見る事が出来ます。

ベンチ席もありました。

写真左下の部分は下から眺める水槽になってます。


20130114205901 (2)

この建物も賞を取った建築物みたいです。

海岸周辺施設など(イルカ・マナティー・ウミガメ館や遊歩道・エメラルドビーチ・広場)

もあり、1日遊べる施設(有料・無料施設混在)となっているようです。

隣に植物園あるのですが天気が悪かったので断念しました。

見たいと思ってる方は、水族館のチケット半券で熱帯ドリームセンター半額!
なので捨てないようにしましょう。
1230
アクセス
沖縄県国頭郡本部町字石川424

大きな地図で見る



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓

(マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンでクリックしますと
窓を開かないのでストレスなく繋がり
短時間に次々とランキングをクリックする事が出来ます)




人気ブログランキング

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

えぇ えぇ
沖縄行かれたかたが
みんな口々に
素敵な場所と言われるので
行かなきゃと思うのですが
未だに実現できず(^-^;
なかなか時間なくて
でもこの大水槽(パノラマ)
見てたら
やっぱりやっぱり
行きたい場所ですね
映画のようなこの空間を
リアルで味わってみたい!
その昔、行きました♪
こんばんは^^
いやー、本では見たことがありますが、
大迫力ですね~!
ジンベエさんやマンタが沢山泳いでいる
水槽、すごいの一言です^^
ここも一度は行ってみたいものです。。
おお、あの有名な水族館ですね!!
ジンベエザメ、空を飛びそうな勢いですね~☆
巨大水槽の中を悠々と泳ぐ姿・・・
間近に見てみたいものです。
ちゃんと、撮影の配慮もなされているのですね。
長い歴史の水族館
今日までこれほどの人気があるのも
日々のご努力 お世話される方の愛情あってのことでしょう。
四方を海に囲まれた日本ですから
心から喜ばしいことですね。
p☆
こんにちは!
確かに子供たちの修学旅行の記念写真に
この水族館の写真も数枚ありました♪
このサメのモニュメントは実物大なんでしょうかね??

水槽の中の魚は、ガラスの外側の様子は
普段はよく見えていないみたいだけど、特に女性が顔を
近づけた時に寄ってくる傾向が強くて、聞いた話だけど
どうやら女性は顔にファンデーションを塗るから
魚からは白くはっきり見えるので、それで近づいて
来ると言うよね(^^ゞ
思わず目と目が至近距離で合ってしまって
お互い
ギョギョギョギョー!な~んてww
失礼しましたm(__)m

応援凸
沖縄に遊びに行くことがあったら、旅行雑誌よりここのブログをいつでも見られる状態にして、あ、ここ同じ場所っていう楽しみ方をしたいかも。
それにしても、すごい人ですね。
スクポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top