Article

                   
        

ガンガラーの谷 答えは森の妖精が知っている。風景景色写真 沖縄県南城市玉城前川202

category - 沖縄 景色風景観光
2013/ 01/ 21
                 

その1

今回行った沖縄では、ここは紹介しなくってはと思っていたところです

前回紹介した「大石林山」以来のネイチャーな異次元な場所でした。



パンフレットを頂くと「命をつなぐ旅がここからはじまる 」と

おおきな見出しが付いています。 

この「ガンガラーの谷」は予備知識以上の空間でした。                  

20130119223829.jpg
ケイブカフェ


雨の日の次の日程だったので山道を歩く靴は大丈夫なんだろうか

なんて思い聴いてみるとなんと道は舗装された歩きやすい場所とのこと^^

広い駐車スペースに車を置きしばらく歩くと、先ず第一の

この鍾乳洞のスペースが集合の場所でした。

この場所は写真で前もって、見ていたのだけど最終地点でこの景色を見るのかと思ったら

最初の場所からこの、時間と空間が織りなす景色^^

日常で目にしないような感覚の洞窟でした!

この中にパラソルと休憩スペース、やカフェ

今にも崩れそうな鋭くとがった鍾乳石の岩肌。

不思議な空間だ^^:

20130119223829 (1)
ケイブカフェ



20130121133817.jpg



ここで20人程度のグループに分けられ簡単なレクチャーを受けて出発です。

洞窟を奥に進むとなんとすぐに、こんなジャングルのような亜熱帯な植物が生い茂る

場所になります。



20130119223829 (2)
ガンガラーの谷遊歩道

ゆっくりとしたペースで歩きますので体力に自信の無い方でも大丈夫です。

20130119223829 (3)
ガンガラーの谷

道は舗装され歩きやすい、グループはお兄さん、お姉さんの専門ガイドの方が

ついてくれ、要所要所で解説してくれます。

このツアー料金は大人2000円です、所要時間が約1時間30分ぐらい

要予約で連絡先はTEL098-948-4192、個人で見て回る事は出来ないようです。


20130119223829 (4)
ガンガラーの谷

進行方向先ずは左側が山て、右側が谷を見ながら進みます。


20130121133636.jpg


実はこれはタニシで、かわいいグリーンカラー

緑なのは食べている葉っぱの色のせいらしい

最近では「GACKT」さんのカレンダー製作で故郷沖縄でのオールロケ!!

そしてこちら,ガンガラーの谷でも撮影が・・・

その2 ガンガラーの谷 もう一つのコンセプトは命の誕生へ
その3 ガンガラーの谷で森の住人と話すへ



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓

(マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンでクリックしますと
窓を開かないのでストレスなく繋がり
短時間に次々とランキングをクリックする事が出来ます)




人気ブログランキング

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

これが現実の世界だなんて・・・
入口からしてすでに神秘の森ですね!
個人では入れない
しっかりと、守られている
ここもまた、聖域でしょうか。
緑のタニシ 本当に美しいですね!
p☆
こんばんは!

鍾乳洞の中で傘の華が墨色に見えて
絵になりますね!
鍾乳石から伝え落ちる雫を避ける為なのかしら・?

それに、これタニシなんですか!!
かたつむりかとw
しかも翡翠の様な綺麗な色に^^
やっぱり沖縄は、異国だったんだな~と
改めて感じますね~

先に説明してある
以前登場した
大石林山と並んで
沖縄の見ておきたい必須スポットですね
まず目に飛び込んでくる
鍾乳石?も
そしてジャングルも
沖縄が歩んできた歴史を
感じられますね

どーしても僕は
海に注目しちゃうんですが
こういう素晴らしい
大自然が広がっているところにも
着目したいです(^-^)

ぽちり
げ、変換ミス・・・
和えたらダメです。
会えましたか・・・ですよ。
鍾乳洞の中になぜパラソル?って思ったら、もしかしたらたまに鍾乳石が落ちてくるのかな。
ガンガラーの谷遊歩道、植物が大きいですね。
食わず芋みたいな葉っぱ、普通に外に生えている~
森の妖精には、和えましたか?
スクポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top