Article

                   
        

ガンガラーの谷で森の住人と話す、。風景景色写真 沖縄県南城市玉城前川202

category - 沖縄 景色風景観光
2013/ 01/ 30
                 

森って云うけど、そんじょそこらにある森とは

ちょっと違うね!

神秘的な森って感じの言葉がぴったりで

映画のセットのような感じさえする。

目を凝らすと、木の又に腰かけて

森の住人が現れそうだ!

楽器を奏でながら、森の生い立ちを詠っていそうだ。

20130121183008 (2)

ガジュマルの木は歩くって云われています!

根を台地にしかり張り、枝葉は縦横無尽に伸びるそのサマは生命力を感じますね

ツタのように伸びた先は地面に着き、養分を求めて新しい根になりがどんどん増え

大きくなる、いつしか違う場所に立っている、

歩くというのも肯けるような気がします。


奇怪に伸びた木々の様子は時には近寄りがたいほどの

神秘な姿をしていたりします。

20130121183008 (4)

静寂さが少し怖いくらいの雰囲気に包まれる。

一団からはずれる、そして住人の詩に包まれる。








DSC09298lo.jpg

6406374.jpg
http://pixta.jp/photo/6406374

ここら辺の谷間は音を吸収してるように感じた

ちょっと離れていくガイドさんの声がとどかなくなる

そして無音に

シーンとした空間は時間が止まり

守り神が見てる気がした。




20130123204712.jpg

時の守り神がこの自然を壊さぬように

守るようにと語りかけてるようだ!


20130123204712 (1)

何時ごろこの鍾乳洞は崩れたのだろうか

ツタが垂れ下がる、シダが生い茂る、むき出しの岩肌と

壊れてできた景観は鍾乳洞とはまた違った異次元の空間を作り出していた。

20130126134218.jpg

その1 ガンガラーの谷 答えは森の妖精が知っている

ガンガラーの谷 もう一つのコンセプトは命の誕生

1231
アクセス
沖縄県南城市玉城前川202 ガンガラーの谷

大きな地図で見る




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓

(マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンでクリックしますと
窓を開かないのでストレスなく繋がり
短時間に次々とランキングをクリックする事が出来ます)




人気ブログランキング

FC2

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おじゃまします
沖縄北部に住んで、まだ1年ちょっと
回りたいと思いながら南部は知らないんで、こちらで勉強させていただきます。
ガジュマルの大木を検索すると本島だとガンガラーに辿り着きますが
こんな場所なんですね、迫力のある写真を拝見し、行ってみたいと思いが膨らんでいます。

拙い私のブログですが、Midipaさんのブログをリンクさせていただきました。
問題があればご一報ください、今後ともよろしくお願いします。
こんにちは^^
これはすごいですね!
まさに秘境といいますか・・・
川口浩探検隊のテーマソングが
流れてきそうな感じですね~^^
応援(^^p
こんにちは!

そうですね~
私がこの風景を観て
今パッと頭の中でよぎった映画のタイトルは
「スノーホワイト」「アリスイン・ワンダーランド」「アポカリプト」
「ハンガー・ゲーム」「アバター」などなど^^
きっとよく思い出せば、この風景にピッタリの映画作品が
もっとあるはずだけど、
不思議な国や、古代をテーマにした作品、
或いは異星などの映画のセット場所には最高だと
思うなぁ~♪

応援凸
本当になんというか
自然の生命のパワーをもらえそうな
そんな場所ですよね!

木が歩くてのも
なんか 絵本か映画みたいで
おもしろい!(^-^)
きっと長い年月をかけて
森を散歩してるんだね!

midipaさんの訪問
森の住人たちも
きっと歓迎してくれてるはずだよ(^-^)
こうして拝見している画像からも、ひしと伝わってきます!
人間が、軽い気持ちで足を踏み入れてはいけないような・・・
森の・・・霊気!?
自然の声を聞こうと思ったら
まず、人と一緒ではだめなんですよ。
一人静かに・・・想いを一つにして歩かなければ
自然は、語りかけてくれないんですよね。
神の声 触れてみたいです。
p☆
ガイドさんの声が届かなくなるくらい離れていると、
森の精の声が聞こえてきそうですね。
ほら、一枚目の写真の一筋の光、きっとそこにいたんですよ。
スクポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top