Article

                   
        

壺屋やちむん通り沖縄県 那覇市

category - 沖縄 景色風景観光
2013/ 06/ 08
                 
焼き物 釜 釜跡 やちむん 琉球焼き 通り 路地裏 石畳 那覇市

入口は平和通り商店街からと

ひめゆり通り(国道330号)側から入れる「壺屋やちむん」

「やちむん」とはどんな方言の意味があるのか

調べてみたら「焼物」の事をそう呼ぶみたいです。

ここの通りは国際通りに近い場所にあり

観光する方にとって、近くて便利な場所にあります。




20130515075831 (1)


繁華街の近くなのに

雰囲気もぐっと沖縄ぽいです。


20130515075831 (2)


この通りに来ると、古い建物も多く

車も数も少ないので、ゆっくり焼き物を見てまわれます。

焼き物を始め雑貨店などもありました。


20130515075831_20130515114212.jpg



壺屋焼きや喫茶室がある南釜の苔むした屋根


20130515075831 (4)


ひめゆり通りの側からはいる

入口附近にある「東ヌカー」と呼ばれる場所、

壺屋地区でもっとも古いと言われる井戸が有ります。

ポンプ式のもので水を汲み上げる、、井戸自体は蓋がしてあり見えませんでした

後ろはガジュマルの木。


20130515075831 (3)
 
「壺屋やちむん」通りのさらに裏通り細道に入ると

またまた趣のある民家や小道を探す事が出来るかもしれません!

20130604094525.jpg




ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓

(マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンでクリックしますと
窓を開かないのでストレスなく繋がり
短時間に次々とランキングをクリックする事が出来ます)




人気ブログランキング

FC2Ranking

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

            


大きな地図で見る

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは!

こちらでものっぺらぼうのアスファルト道路しか見かけないので
こういう石畳は風情が感じられて、素足で踏みしめて
歩きたい衝動に駆られますね(笑)

応援凸
midipaさんへ

リンクのお申し出、ありがとうございます。
私にとって、midipaさんが最初のリンクになります。第1号としていつまでも忘れられないでしょう。

そのこともありますが、midipaさんのお写真はいつも拝見させていただいており、勉強しております。
midipaさんが九州各地に撮影に出向いておられること、羨ましい限りです。ひとつひとつのお写真がとても参考になります。
私は、当面は、佐賀が中心ですが、私ももう少し時間に余裕ができたら、九州、そしていずれ全国各地を撮影して回ることが夢です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
はじめまして
はじめまして、むぎわらです。

ご訪問ありがとうございました。

ブログを始めてまだ間もないので

いろいろアドバイスしてください!

また、おじゃまさせていただきます。
はじめまして。
コメントありがとうございました。
鍵コメでしたので、こちらでお礼をさせていただきます。
リンクもありがとうございます、当方も早速張らせていただきます。
当方ブログは、拙い写真の羅列をしておりますが、今後もよろしくお願いいたします。
瓦の苔に惹かれます。私の母方の先祖は琉球王朝の末裔で、「琉」と言う
性です。昭和になり性を改めましたが・・・世が世ならば姫だったかも(笑
父方、母方は薩摩藩と琉球王朝の子孫。不思議な組み合わせなんですよね。
沖縄の青い海、白い珊瑚礁、住んだ事はありませんが、郷愁を感じるのは
遺伝子の影響かな?初めて訪問させて頂いた時が、沖縄の風景でしたー。
壺屋地区に、訪れてみたいです。沖縄の陶器も独特な魅力がありますよね。
やむちん通り
行ったことはないのですが
聞いたことはあります
石畳や沖縄らしい瓦も
情緒があっていいですよねー
街から近い場所にあるのに
行ったことはないとは
今度行くときは
行ってみようかなー
こんばんは^^
こう見ると、建物や街並み自体が
芸術に感じますね~
こういう建物と雑貨屋さんや
カフェというのは面白い
組み合わせと思いました^^
沖縄の瓦って、こっちとは違う形ですよね。
これって、台風に強いとか?なにか理由があるんでしょうか。
最近、前に読んだ小説を読み直したばかりなんですけど、
沖縄が舞台の、「カフーを待ちわびて」でした。
スクポチ
壷屋!すてきです
壷屋地区の風景、すてきですね。特に、カフェの苔生した屋根がたまりません。
琉球石灰岩の道は、滑って転んでケガをしたので、歩きたくはないですが、見ているぶんには白くてきれいですね。
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top