Article

                   
        

国史跡 指定 平塚川添遺跡公園 福岡県朝倉市

category - 福岡 景色風景観光
2013/ 06/ 12
                 
遺跡 弥生時代 古墳時代 平塚 川添遺跡 高床式 竪穴式 遺構 

20130524-SDIM0225blo_convert_20130603120235.jpg

弥生時代後期の住居を復元した「公園」

「高床式倉庫」コメなどの保存食品を保管していた

とされる屋根倉を復元。

四本柱、六本柱がある。

重い重量で柱が沈まないように礎板が敷かれるなどの

工夫がされている。




20130524-20130524-SDIM0247-3b_convert_20130608172607.jpg

左建物は首長館祭りごとを行ったとされる公的な場所です。





20130524-20130524-SDIM0238b_convert_20130610111921

竪穴式住居は地面に四角い穴を掘り柱を立て

屋根を地面まで葺きおろす形で作られた

当時の人達の住居。

中央には炉を作り

一段高い壁側には寝床も作られていたものと想像されます。







ここの遺跡は筑後川の小石原川の氾濫源に生活していた

集落を復元したもので

弥生時代後期の最盛期の様子を見る事が出来ます。

20130610101527.jpg



ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!
カチッと1クリック↓

(マウスの真ん中にあるスクロールに使うボタンでクリックしますと
窓を開かないのでストレスなく繋がり
短時間に次々とランキングをクリックする事が出来ます)




人気ブログランキング

FC2Ranking

にほんブログ村

JRANKBLOG

blogram.jp

コメントは▼▼お気軽にどうぞ^^k 

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは!

な・・なんですか!
この空の青々しさは!!
それに芝生とのコントラストで
より澄んで見えちゃうのが凄いわ~古代人は
本当にこんな立派な建物を自分たちで
創りあげてしまってたのかと思うと
頭が下がりっぱなしです(^^ゞ

応援凸
このような 住居を見ると
当時生活されていた方は
どのような思いを抱いて
生活していたんだろう?
と感じます
青空に映えた風景が
建物を引き立てて
とても綺麗です
うわ~、こんな住居が現代に見れるなんて!
弥生時代ですか。凄い、、
本当に何も無かったところから、
どのように作って、どこに寝ようとか、
保存はこのくらいの高さがいいとか、
いろいろ考えて、、
これが、現代の建築の礎となったのですね。
触れてみたい。。
p☆
福岡県に住み始めて、18年だったかな。
まったく知らない町が多すぎる私です。
吉野ヶ里は、佐賀だったかな。
そこへも行ったことがないですからぁ。
すくぽち
こんにちは
ご訪問、ありがとうございました。

高床式倉庫 小学校のとき

勉強しましたw

弥生時代も、こんな空だったのでしょうか?

すこし、タイムスリップ気分ですww
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top