Article

                   
        

終戦の日 遅すぎた敗北宣言 特攻の悲劇

category - デザイン・雑貨
2014/ 08/ 14
                 

jゼロファイター-2

戦争を忘れないために 8月15日は終戦記念日。

満州事変から日中戦争、太平洋戦争へと拡大した戦争

日本は領土を広げながら、戦争の麻薬から抜け出せなくなっていた。

ある種の戦争という戦国時代のように、覚醒された日本国民は撹乱していった。

結果論になってしまいますが、日本国、沖縄に上陸された時点で敗北宣言を出していれば

悲劇の沖縄対戦それに続く

若き特攻隊員の犠牲、その後に続くあのおぞましい原爆投下は

無かったのではないかと・・

後に引くに引けなくなった戦いも「降伏する」決断と勇気もトップに持って欲しかった

という過去の戦争歴史がある。



「終戦の日」に戦争をしないという

平和の意義を考えたい。




涙なしには見れぬ真実のストーリー
「死ぬ理由」を自らが見つけ納得させながら戦った特攻隊員の決断




                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

戦争という言葉が、辞書から消えて欲しいです。
人間が作り出した、最悪の行為。
もしも人間同士の争いが無くなったとしても、
人間は、常に他を破壊しながら生きている、、
そう思うとやるせない。。。
P☆
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top