Article

                   
        

レゲエ/ダブを基調としたポップスを聴かせる5人組、bonobos

category -
2007/ 10/ 25
                 
electlyric electlyric
bonobos、 他 (2005/06/01)
Dreamusic

この商品の詳細を見る


内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
朝本浩文をプロデューサーに迎え、前作『HOVER HOVER』から驚くべき成長を果たしたセカンド・アルバム。レゲエやダブを弾けたポップスのなかに血肉化した楽曲の粒立ち具合はもちろん、アレンジに多彩なアイディアが施されていて、小さくまとまらず破天荒な魅力を感じさせるところが頼もしい。モータウン調の軽快なカッティングにカリプソ風の賑やかなリズムとノイジィなギターを合わせた「グレープフルーツムーン」、スペイシーかつディープな歌に激しいドラムンベースのビートを被せた「Floating」など、静と動を同居させたアクセントのある楽曲ばかり。また、ライヴでの閃きに満ちたフレージングが話題を集めていたギタリスト、佐々木康之の手がけた数曲も新しい風を吹かせており、それはクイーン「We Will Rock You」を彷佛とさせるリズムが強烈な先行シングル「THANK YOU FOR THE MUSIC」やチャイニーズ調のメロディが郷愁を誘う「Asian Lullaby」などに顕著だ。果敢で胸のすくような冒険作! (内田暁男) --- 2005年06月号


今日のお奨めな音楽
今日の紹介音楽は都会の自然児Leyonaの待望のフル・アルバム!です。


ココをカチッ!とクリックして頂けると!
ブログ担当の励みになりますので、宜しくお願いいたします!

音楽人気Blogランキング
←カチッ♪♪
FC2 Blog Ranking
←カチッ♪♪




                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top