Article

                   
        

熊本からCalmグローバルミュジック・チルアウトバレアリックミュージック

category - MyDiary・出来事写真日記
2008/ 12/ 18
                 

今週のBGMは上の YouTubeをクリックしてお楽しみ下さい。
高音質ステレオで聴く
The Teachings of Nature(kumamoto artpolis)こちら


今日は上のYouTubeにBGMに使った音楽に付いて

ちょっと書きたいです。

Calm(カームと読む)は熊本県出身のチルアウト(心地よいサウンド)

バレアリックミュージックの(ハウス系)先駆者。

なんと熊本出身の著名な音楽家です。

彼はいろんなミュジシャンやアーティストとfeatコラボしています。

パソコンでMIDIやWAVを操り生音源と

組み合わせて音楽を生みだします。

彼の音楽はテクノであり、ダンサブルであり、

ジャズであり、心地よい音源となって

クロスオーバーなサウンドを生み出しています。

ようするに彼のサウンドはハウスミュジックに

分類されますが

そのような枠を飛び越えた存在感があります。

1997年に「Calm EP」でデビューした後。

世界中のレーベルへ楽曲提供をしながら

特にヨーロッパでは

つとに有名で、FARR、Organ Language、K.Fなどの

ネームでも活躍をしていたりもします。

(K.Fとは本名のKiyotaka Fukagawaからきています)

2006年にTHA BLUE HERBの

ILL-BOSSTINOとJAPANESE SYNCHRO SYSTEM

という名でも活動。

その時々の制作で活動制作者名が変化しているのが彼流で面白い!



認知度はグローバルなものとなった

Calmが、久し振りに送リだすアルバムです。

今回の作品は゛Calm゛本来の

メロディーとハーモニーを

重んじながらも、時にはジャズグルーブしたり

ヴォーカル・トラック物もありの、アルバムになっています。

全編にとても清々しい印象を受ける仕上がりに

なっている心地よいもの。

BGMはアルバムの中から一番好きなTeachings of Natureです。


Calm
Ancient Future の入ったアルバムです

Ancient FutureAncient Future(2003/04/09)CALM商品詳細を見る


 ココをカチッ!とクリックして頂けると!
ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!


FC2 Blog Ranking←カチッ♪


人気ランキング←カチッ♪


にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログへ
西日本(街)ブログ


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ケンスケくんは熊本を愛しているね。
私は引っ越しが多くて…いろいろ住んだ。
でも神戸生まれだから、神戸が好き。
こんばんは^^ 熊本出身ということで
 もうポイント高いでしょ^-^
 ワタシ いろいろ音楽聞きますが
 いつも必ず耳に入るのは
 なぜかベース 不思議だなぁ ^^b3☆
私が一番好きなのは
テクノなので好きですね
この心地良い音楽。
作品を出すのに名義が
違うのはハウスでは良くありますね。
私は知りませんでしたが
これからの活動頑張って欲しいですね
熊本に世界的を股にかけた
ミュージシャンが存在するのは
嬉しいですね!

私のブログで
茨城まるごとトレビアクイズを
行っているので
遊びに来てね~。
Kensukeさん、こんばんゎ。
ほほぅ~、熊本の方なんですね。
そりゃKensukeさん熱く語りますよね☆
虫の鳴き声みたいな音が聞こえるから
草原の中で音を奏でているようで素敵ですね。
応援3ポチ。
こんばんは!
え~っ、熊本出身の方だったのですね!
地元からこういう素晴らしい人が出るって
嬉しいことですよね!
本当、耳に心地良い音楽です~♪
やはり私はベースの音に酔いしれてしまいます
(*^-^*)
(先)Wポチッ!
熱く語るほど好きなんですね。
想いが伝わってきました。
こんばんは!
熊本出身だったんですね^^

私はMIDIとか作れる人、尊敬してしまうんですが、あんなちっこい鍵盤で良く作りますよね~。。
kensukeさんのブログの「カームブラック」にはいつも癒されてますよ~♪

それでは、応援凸
バレアリックミュージック?
せっ、説明難しい・・・
でも、聴いてみたら、すーっと心に入ってくる曲でした。
応援ポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top