Article

                   
        

YourTouch

category - 作詞 poem
2009/ 04/ 09
                 

今日の音楽はR&B系です。

作った詞を記事にしました。

愛してしまった男のもやもやみたいな内容かな(笑)

今回歌はお聞かせ出来ませんが(笑)


ラインやピアスしたらどんなになるんだろー!!^^k

モデルは誰なんだー

Litle Youは可愛い人みたいな感覚で使ってみた。
^^k

ジャケ風イラストで遊んでみる!

スペルミス↓YourTouch
YourTuch123.jpg


作詞・作曲:MusicMidipan

*Hey Litle You

この思い・・・

説明の範囲超えている


Hey Litle You

この思い・・・

君を向いてる
(*繰り返し)


Hey Litle You

Dot Need To Know Me

To Know I'm Lonly

But I Can Show Litile You


僕には分かるのさ

君の為に 生きれると

溜息でるくらい

何時だって想っている

僕たち恋に落ちそれが罪なら

想いを君の夢の中に押し込むだけ・・


本当の愛を教えたい

君の目を目覚めさせたい

今の恋は偽物と気づくように・・・

嘘じゃないから!




To Litle Hours

Once Every Day

That When Your Mine

Can We Turn The Clock Around

I Know You Feel And You Touch


Copyright (c) Kensuke



 ココをカチッ!とクリックして頂けると!
ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!


FC2 Blog Ranking←カチッ♪


人気ランキング←カチッ♪


にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログへ
西日本(街)ブログ


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おはよ。
コレは読めば読むほど…
奥深いねぇ~
言われてみてぇ~ 20行目あたり。
こんばんは!
デザインに歌詞に、やりますね~
前から写真などとても良かったですが、やっぱりセンスいいですね^^
応援ぽち!
ジャケ風イラスト カッコイイ!
レコードショップに並んでいたら,思わず手にとってみるでしょうv-410

鈴木雅之と,短髪のスティービー・ワンダーを足して2で割ったみたいな。。。

 応援凸カチッ♪
Kensukeさん、こんばんゎ。
素敵な詞ですねi-236
いくつになっても恋していたいです。
(もちろん旦那にですょi-237
この絵もKensukeさんが書いたのですか?
上手って言葉では表せないくらいi-199
応援3ポチ。
こんにちわ~

すごい!!
作詞されるんですか!?
悩んでる男の感情がうまく出てると思います^^

尊敬!!ぽちぽちe-460
コメントありがとうございました(^^)
この詩はもう
曲がついてるの?
聴いてみたいなぁ~♪


おはよう~

 洋楽にかじりついてどうしても
 歌詞のイミが知りたくなって
 闇雲に独学 わかるのは当時の
 スラング^^;

 まさにR&B向きですね
 部屋にはNeyoがかかってます
 夜明けの応援~3☆
やばい英語が全く分からない・・・。
分からないのは自分が悪いのから応援です!
これは
恋の歌だよねー

うーむ
いい恋してんのかな?(^^)

まぁ恋というか
人を好きになることで
その人は輝くから
人を好きになることは
大切だよね・・・ぽち
ピュアでシャイな男性、kensukeさん。
・・・という、詩。
このジャケ風イラストは、自分がモデルかな・・
昼ポチ済み~

こんばんは!
R&Bにぴったりな歌詞ですね♪
今、iTunesでアップテンポの曲を聴いていたのですが、思わずこの詩に似合いそうな曲に変えました^^
英詩、日本詩ともにムードたっぷり、素晴らしいですね!
イラストも本当にお上手です・・・本物のジャケットみたい(^0^)ノ
Wポチッ!
こんばんは!

この男性は、kensukeさんが想像して描いた人物なのかな?
う~ん確かに、ピアスなんかは似合いそう^^
力作ですね~★
素晴らしいです!

それでは、応援させてくださいね凸
www英語がマイナス5だった、れおんさんです。
中一の問題も解けません。
副教科中心でここまで来ました。
(音楽、家庭科)
あとで、翻訳サイトへ飛んで確認する。
ごめんよぉ~教養なくってぇ~
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top