Article

                   
        

作詞と曲でコラボレーション・・・

category - 作詞 poem
2009/ 04/ 17
                 

ブログ繋がりでお知り合いになったTOKKOさんは

「詩の回廊 ? Gallery ?」というブログを発信中

とっても素敵な詩が多く

読んでいると

映像が浮かんだり

メロディーが浮かんだり

そんな詩を作っておられます。

その中の

「春の午後」と云う作詞はこんな詩です。



あなたの声が

私を追いかける

あたたかい春の午後


並んで歩いて

手をつなげば

目に移るのは

春一面の菜の花畑



花びらが舞い

蝶が飛び交う

耳元に流れる

雪解け小川のせせらぎ



立ち止まって

目を閉じれば

香り立つのは

春真盛りの黄色い香り



あなたの温もりが

私を包み込む

日差し暖かい春の午後



あなたの声が

私を追いかける

あたたかい春の午後


並んで歩いて

手をつなげば

目に移るのは

春一面の菜の花畑




この穏やかで暖かな

詩を読んでいたらこんな

曲が出来ました

今回はTOKKOさんとの

コラボレーションと云う形になりました。

テーク0006

最初はドラムをパーカッションに加えていたのだけど
どうもしっくりこない・・・
何度も手直し、詞の感じからもスローな、シンプルな感じに
どんどんソングも変わって来た。
詩にソング乗せる難しさもあったけど先ず満足いけそうな感じに仕上がったので^^k

テーク0007

ストリングスとギターなどを加える。




 ココをカチッ!とクリックして頂けると!
ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!


FC2 Blog Ranking←カチッ♪


人気ランキング←カチッ♪


にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログへ
西日本(街)ブログ


                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おはよぉ~

今日から、仕事デビューだよぉ~

3かちっとな♪
聴き比べると
テーク007が気に入ったので
聴きながらコメントを書いてます。
私は素直に詩を書こうとすると
心の裏側のドロドロした部分に
目が言ってしまい
こんなに綺麗な描写が出来ないので
普通に素直な詩って良いなと
思ってしまいます。
私には無い感性に触れるのは
良いですね!
音楽も心が和み良い感じ!
こんばんは☆
ゆっくり聞かせて頂きました♪
とても素敵ですね!!
歌入りも聞いてみたいナ
応援☆

新しいバージョンができていたので、聞いてみました。
ストリングスって単語が分からなくて、調べましたv-409
応援ポチ
いい詩ですね~
春のほのぼのした風景と、
詩が見事にマッチング!!
PCが壊れて…
音楽聴けないのが残念です(泣
復活次第、まとめて聞きます^3^
応援ぽち!!!
こんばんは。
おおっ凄い、音楽ができるなんて羨ましい!
それに素敵な詩とのコラボ...
いやぁ、より春が暖かくなる感じです^^
手ねぇ~
好きな人とは繋ぎたいねぇ~

憧れる内容やねぇ~

声で追いかけられてぇねぇ~
季節も心もハッピーな春の訪れという感じですねェ
明るくなります(^^)

 応援凸カチッ♪

こんばんは!
素敵なコラボ曲ですね!
春の菜の花畑・・・舞うチョウチョ
情景が心に浮かんできます♪
素敵な曲になりましたね!
アレンジも爽やかで本当、良い曲です♪
Wポチッ!
こんばんは!
TOKKOさんとkensukeさんのコラボ素敵な企画ですね^^
詩にも温かさを感じますし、kensukeさんの作曲のセンスも光ってますね!
そして、本当にカラオケの画面を見ているみたいw
下のストリングとギターの挿入曲の方が、よりリアルなカラオケに近い音源ですね!
お二人に拍手を送りますw

それでは、応援凸
Kensukeさん、こんばんゎ。
今日は応援ポチだけで失礼します。
また来ますねi-236
応援3ポチ。
本当に何度も
ありがとうございました(。_。))
実は。。。
私、声をかけるのを忘れてたことが。。。
それは
「曲に言葉がのりにくいときは直しますから」
その一言を言い忘れました(笑)

作りにくかったんじゃ
ないでしょうか?
ゴメンナサイ。。。

それとお願い ★

時間がある時でいいです
急ぎませんから。。。
歌入り。。。待ってます(^^)
お願いします♪

ほんとうに、春の暖かさが感じられる詩ですね。
曲に合わせて、詩が出てくるので頭の中で
歌ってましたv-342
応援ポチ
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top