Article

                   
        

熊本の石橋それは歴史的文化遺産 シリーズ3

category - MyDiary・出来事写真日記
2009/ 05/ 08
                 

熊本には、多くの「アーチ式石橋」が残っています。

下鶴橋へは、御船インターから国道445号線を山都町(旧・矢部町)

方面に進み、益城総合庁舎を過ぎて3キロほど駐車有り。

DSC02080.jpg

DSC02081.jpg
この写真側からの眺めがいい!!

DSC02079.jpg
この橋事態も通行可。


tsuujunkyou4.jpg
通潤橋(つうじゅんきょう)

石橋の中でも人気があるスポット

季節によって下の写真のように橋の両脇からの放水が

楽しめる。

年々観光客も増え放水回数が増えているため

橋の劣化も考えると今後放水回数を減らして行く

方針のようです。


通潤橋
7月?9月の観光放水も下記へお尋ねください。
(定期観光放水以外に放水を希望するとき)
放水受付所(下記)までお電話・事前予約ください。
有料(1回 5,000円)になります。
なお、当日の予約放水はできません。3日位前までに予約ください。
(※なお、5月7日?6月30日期間中の放水は受付できません。
農繁期に入るため放水はすべて行わないことになっています。)
 (有料予約放水もありません。)

?放水・予約に関するお問合せ
放水受付所
 (通潤橋史料館内
      10:00?16:00)
 TEL0967-72-1933





 ココをカチッ!とクリックして頂けると!
ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!


ココをカチッ!とクリックして頂けると!ブログ担当の励みになりますので、宜しくお願いいたします!


ココをカチッ!とクリックして頂けると!ブログ担当の励みになりますので、宜しくお願いいたします!


ココをカチッ!とクリックして頂けると!ブログ担当の励みになりますので、宜しくお願いいたします!

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ありがとうございます。
紹介させていただきました。(^-^)

http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/blog-entry-520.html
はじめまして。
山都町商工会青年部広報委員会所属
ブログ担当の○サンと申します。

さて、こちらの記事を
山都町商工会青年部ブログ
http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/
にて、

http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/blog-entry-484.html
こういったかんじで紹介させて頂きたいのですが、
如何でしょうか。

OKでしたら、お手数ですがこちらのコメント欄にてお返事くださいませ。

末筆ですが、山都町を紹介してくださいましたことに
あつく感謝申し上げます。m(^ー^)m
すごぃ~
こんなんあるんやねぇ~
こんばんは☆
通潤橋ってホントすごいですよね~
傷まない様に大事に保存して行くには有料放水も
仕方ない事だと思います。。
放水口、木のくいで栓をしてあるんですよ~
出始めを橋の上から&下から見学した事あります!!
迫力満点♪
応援☆
こんばんは!

わぁ~!
どれも「アーチ橋」なんですね!
しかも橋から放水なんて、初めて見ましたよ^^
え?5000円なんですか(@@
ここで見られたので、十分です(^^A

貴重なお写真、拝見出来て
感謝、感謝です!

それでは、応援凸
こんばんは!
本当に素敵な石橋がたくさんあるのですね!
観光のための放水シーン、素晴らしいですね。
鉄橋を見慣れた目にはとても新鮮で
いつまでも残して欲しい光景です(*^-^*)
Wポチッ!
この橋が
1番メジャーなのかな?

僕もかなり以前
行ったことがあるのですが
とても迫力ありましたよー
しばらく行ってないなーーー

ぽち
Kensukeさぁーん、こんにちゎ。
この橋、どなたかのブログで写真を拝見したことがありますi-179
定期観光放水以外でも、有料で放水してもらえるんですねーi-228
見てみたいなぁ~e-420
応援3ポチ。
通潤橋は、2回見に行きました。
2回とも放水を見る事ができたんです。
1回目は、父の友だち家族と2家族で行って、たぶん放水の日だったと記憶しています。
2回目は、主人と結婚する前にドライブで行って、誰かが予約していたのかも。
いきなり放水が始まりました。
ラッキーでしたね。
応援ぽち
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top