Article

                   
        

600万円のオーディオ

category - 家電情報・新製品・デジカメ
2009/ 07/ 03
                 

Let's listen to music.

DSC02695のコピー

耳で確かめたい!




VIVID Audio

ヴィヴィッドオーディオ

Loudspeaker system G1GIYAは 

著名なLaurence Dickie (ローレンス・ディッキー)氏の

新たな理想を具現化した新たなスピーカーシステムです。

vivid-g1.jpg


設計コンセプトは次の通りです。

音源となるドライバー以外から音を出さない。

音源であるドライバーは完全にコントロールされている。

上記二つの技術的テーマを、異常なほどのコストをかけない範囲で、

かなりな高額なスピーカーと思うけど(笑)

高次元でバランスさせる。

純粋かつ微細な音の粒立ち、

透明無垢なサウンドステージという、

現代スピーカーに求められるすべての要素を満たし、

かつ、大変豊かな音楽性をも再現する優れたスピーカーシステムということ。


vivid-g1-2.jpg



音源であるドライバーユニット以外からの音を根絶することです。

ドライバー以外の2次音源が発生する要因はいくつかありますが、

そのひとつは、キャビネットのエッジです。

ドライバーからの音波がキャビネット表面を伝わる

表面波となり、それがキャビネットのエッジで反射して、

2次音源となります。

それを防ぐために、ローレンス・ディッキーは、

カーボンファイバー強化プラスティック(FRP)で

キャビネットを成型、全くエッジのないキャビネットとしています。


同様にバスレフポートも前後に配置。

バスレフポートによる空気振動による

反作用力の影響もキャンセルさせています。

音源を完全にコントロールする

VIVID Audio B1 に使用しているドライバーユニットは、

全くオリジナルの内製ドライバーです。

vivid-g1-3.jpg


すべての振動板はアルミニウム製で、コンピューターによるシミュレーションで

振動板形状を最適化することにより、

使用帯域内は完全にピストンモーションで動作します。

さてこのスピーカーシステムどんな音の空間が広がる

のでしょうか!1回聴いて見たいものです^^k

因みにペア価格で6,720,000円 (税込) します。

 ココをカチッ!とクリックして頂けると!
ブログ担当の励みになりますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします!


ココをカチッ!とクリックして頂けると!ブログ担当の励みになりますので、宜しくお願いいたします!


ココをカチッ!とクリックして頂けると!ブログ担当の励みになりますので、宜しくお願いいたします!

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ドラゴンボールに出てきた魔神ブウに似てますね!
それにしても,ウチのスピーカと,お値段が二桁違いますね・・・v-12

応援凸♪
こんばんは。
秋葉原にはこのクラスを視聴できるお店がありましたね。建物1棟、上の方からハイエンド、階を下げるごとに少しずつ安くなってました。
この世界も深いです...ポチ!
仕事で遅くなった・・・(^^;)
う~ん
何かに似てるんだよね~・・・
何だったけな?
ドラゴンボール?
それともエイリアン???
僕なら車買うかも(^^;)

ぽち
こんばんは!
すっごい素敵なフォルムですね!
一瞬、掃除機にも見えましたが(笑)
価格を見てびっくり!!
とても庶民には手の届かない金額ですが、、
一度、音を聴いてみたいものですね~♪
スピーカーって大事ですよね!
Wポチッ!
音楽好きにはスピーカーって大事だけど
めっちゃ高過ぎですよね~。。。
どんな方がお買い上げになるんだろう~?
買うこと出来ないから
一度でいいから聴いて見たいですね♪
応援ぽちっ♪
こんばんは!
何で最初に山羊?と思ったんですが、
そうか!角の形をイメージして^^
それにしても600万のスピーカーの
音ってどんな風に聞こえるんでしょうかね?
興味ありますね~^^
私も1度聴いてみたいです。
でも、お値段がv-12
宝くじが当たったら、即買う?(笑)
応援ポチ
そか。ヤギだか、羊だかの角に似ているね。
デザインが…

車より高いってこと?@0@!
        
  • « 前のページ"
  • ⌂ ホーム
  • » 次のページ"
  • page top